HOME

常滑焼の歴史 “一千年の歴史と伝統”

 常滑焼の元は平安時代末期から一千年にも及ぶ歴史が築かれてきた。
日本六古窯の中でも最も古く、最大の規模を有し、やきもの散歩道の文化的な景観、登窯、無形文化財常滑焼の製作技術等々が日本六古窯のやきもの産地として日本遺産に認定されました。

常滑市陶磁器会館は、やきもの散歩道の出発点に位置し常滑市の観光拠点として又、常滑焼のPRセンターとしてその役割を担っています。

常滑焼は、日本六古窯の中でも最大最古、その起源は平安末期にまでさかのぼると言われます。
 平安時代には、経塚壺・皿・茶碗・片口鉢などが多く作られ、室町時代に入ると窯が地下式の穴窯から半地上式の大窯に改良され、真焼け、赤物と呼ばれるダイナミックな大きなカメを作ることを特徴とし、日曜雑器が多くなりました。
 江戸時代に入ると真焼けの陶芸品も加わり、渡辺元功斉・上村伯鷗・青洲和尚・赤井陶然・伊奈長三など多くの名人を輩出し、江戸時代末期には土管・朱泥製品が作られ始めました。
 明治時代となって、釉薬を掛けた物も現れ、焼酎瓶・建築陶器・衛生陶器も作られるようになり、以後、大正・昭和・平成と移り変わって産地として大きな発展を遂げ、製品の種類、生産額も飛躍的に伸びました。
 このように、時代とともに、つくられる物も幅広く移り変わり、多様な製品をつくり出すことのできる焼物産地として、900年の歴史の中で、永々と育んできた伝統とそこに生きていたたくさんの人々の想いが”常滑焼”を今も支え続けています。